左からPIL-B・C分析シート、プロフィールシート、解釈シートの3枚綴り

 記録用紙はPILテストを分析し解釈する際に使用するもので、PIL-B・C分析シート、PILプロフィールシート、PIL解釈シートの3枚が1綴になっている。
 まず、PIL-Aの合計点を求めるのに便利な3枚目の解釈シート右上のPIL-Aの評定段階分布を作成する。7段階のうち最頻のものはどれか、極端に離れているのはどの質問項目か、などが視覚的にとらえられるうえ、A得点の集計も容易におこなえる。
 次に1枚目の分析シートに沿って、Part-B・Cの評定を進めていく。PIL研究会が開発したB・C分析法の結晶とも言えるシートで、分析上の見落としがないように工夫されている。分析の結果を2枚目のプロフィールシートにプロットすることで、被検査者の特徴がヴィジュアルに示される。従来は15〜64歳用と65歳以上用の2種類に分かれていたが、2008年2月の判定基準の改訂により1種類となり、T値換算に基づくプロットのみに統一された。年齢段階は13〜35歳と36歳以上の2段階になった。
 このプロフィールを見ながら、最後に解釈シートに、AとB・C分析の結果や下位評価項目などを書き込んでいく。AとB・Cの違いなど、PILの全体像と臨床上有用なポイントも記述する。

 なお、2011年4月以降、従来のA4判からB5判に変更となりました。

【改訂】

PIL研究会編
B5判 3枚1綴 定価200円税別・送料込み)
 2016年4月より定価が税別となりました

NEW! PILテストとロゴセラピー第5回セミナー延期(中止)となりました

PILテストの判定基準が変わりました!

従来は希望者のみに提供していましたが、今後、原則としてテスト用紙とセット販売といたします。
値下げ断行!
PILテストの理論的背景を学ぶ ロゴセラピー入門シリーズ全巻完結!

リンク

PILテスト用紙
PILテストマニュアル
【改訂新版】
PILテストハンドブック
【改訂版】
生きがい-PILテストつき
臨床・研究報告募集
最新臨床・研究報告一覧

 

topilmain

pilqueopi

order