V・フランクル博士原案になるPILテストは、医療・保健、福祉や教育、さらにはメンタルヘルス活動分野で着実に利用が広まっている。とくに医療分野では、健保適用を機に、精神科・心療内科に限らず、難病やリハビリ部門からターミナルケアまで各科での使用が始まっている。
 ただ、PILテスト日本版の最大の特徴であるPart-B・C 部分の数量化、すなわち文章完成法や自由記述の分析法は、医師や臨床心理士などの資格に加え、心理テスト技法に習熟していることを前提に、かなり高度な能力が要求される。
 PIL研究会は、PILテスト刊行後、3回にわたってセミナーを開催し、Part-B・C の分析法を伝授してきた。しかし、セミナーに参加することが困難な臨床家・研究者等から、分析法を独習できる教材の開発が熱望されていた。
 PIL研究会がセミナーの経験をふまえ完成した画期的なハンドブックが本書である。詳細な例文を含む評定基準を公開し、自習用のケースを提示するとともに、すでに臨床で応用している各分野の実践報告を集大成したものである。
 第1版では判定基準に若干の問題が残っていたが、10年の歳月をかけてデータを収集し、年齢段階を統一した新判定基準に基づいて、今回、改訂版を刊行した。なお、本書は掲載事例のプライバシー保護の観点から、専門家主体に販売されている。

主要目次

第1分冊(152頁、税込定価4,320円
 第T部 PILテストの全体像と分析法
   第1章 PILテストの理論的背景
   第2章 PILテスト日本版の全体像
   第3章 PILテストの信頼性・妥当性
   第4章 PILテスト分析の基本的枠組み
   第5章 PILテスト分析の実際
   第6章 PILテスト実施上の留意点
   付録1 統計資料および補足説明
   付録2 PILテスト関係文献

 

 

 

第2分冊(224頁、税込定価5,400円)
 第T部 PILテストの評定と解釈の実例
   評定・解釈のしやすい場合
   AとB・Cの判定に食い違いのみられる場合


 第U部 PILテストの臨床・研究への適用
   医療・保健/産業保健/教育/矯正/福  祉分野
   からの9報告

 

 

 

第3分冊(144頁、税込定価4,320円
 第・部 PILテストワークブック
   評定のワーク 12例
   解釈中心のワーク 4例

 

 

 

 

 

 

第4分冊(60頁、税込定価3,240円
 別巻 PIL-B・C分析の評定基準
    7段階評定のための詳細な例文と基準

 

 

 

 

 

 

監修・編集者
佐藤文子(岩手大学名誉教授)
田中弘子(新潟大学名誉教授)
齋藤俊一(新潟大学名誉教授)
山口 浩(岩手大学教授)
千葉征慶(A級ロゴセラピスト・臨床心理士)

 

【改訂版】

佐藤文子監修 佐藤文子・田中弘子・齋藤俊一・山口浩・千葉征慶編 
B5判 4分冊 総頁560頁 
セット定価14,000円税別、送料460円)

PILテストとロゴセラピー第5回セミナーは延期(中止)となりました

PILテストの判定基準が変わりました!
たいへん長くお待たせいたしましたが、刊行後10年、改訂作業が終了し、 年齢段階を統一した
新判定基準が決まりました。これに基づき、データを一新して、改訂版をお届けいたします。
PILテストの理論的背景を学ぶ ロゴセラピー入門シリーズ全巻完結!

リンク

PILテスト用紙
PILテスト記録用紙【改訂】
PILテストマニュアル
【改訂新版】
生きがい-PILテストつき
臨床・研究報告募集
最新臨床・研究報告一覧

 

topilmain

pilqueopi

order