このセミナーは延期(中止)となりました。

PIL(生きがい)テストをマスターしよう


   PIL(生きがい)テストを心理相談や日常の援助活動で活用できるように、テスト得点や内容の分析、
   評価の仕方をわかりやすく説明します。東日本大震災をきっかけに、「生きる意味」「苦悩の意味」を
   真剣に考える人びとから再評価されている『夜と霧』の著者、ビクトール・フランクル。 彼の提唱した
   ロゴセラピーの理論に基づき考案された PIL テスト(Purpose in Life test)は、日本では「生きがい
   テスト」と呼ばれています。この心理テストを、職場のメンタルヘルス、キャリアカウンセリングといった
   労働衛生や就労、キャリア支援の分野、あるいは看護、ターミナルケアといった医療分野など、様々
   な活動領域で用いるために、テストの理論背景、スコアリングの仕方、利用方法を学ぶ研修です。


日 時  2017年10月7日(土)午前9時半(受付は9時から)〜午後5時
               10月8日(日)午前9時〜午後5時
場 所  チサンマンション第7新大阪1階貸会議室(新大阪駅より徒歩8分、地下鉄御堂筋線西中島南方駅徒歩7分) 
主 催  「PILテストとロゴセラピー」普及セミナー企画委員会
講 師  千葉征慶(A級ロゴセラピスト・臨床心理士・産業カウンセラー)
運 営  (株)システムパブリカ
        〒233-0007横浜市港南区大久保3−31−28 TEL 03-3226-9121 FAX 03-3226-8895
参加定員 最大30名(最少実施人数10名、先着順、原則として定員で締切)
参加資格 @精神・神経科・心療内科医師、A精神保健福祉士・臨床心理士等の専門資格ホルダー、
         B労働・医療・教育・福祉・矯正・地域等で援助にかかわる方(看護師等、キャリアあるいは
         スクールカウンセラー等)、C上記の資格取得を目指す大学院生等。、
参加費  30,000円(テキスト『PILテストハンドブック』全4巻、15,120円、システムパブリカ刊を含む。
        すでにお持ちの方は14,880円)
申込方法 葉書、FAX、または下記申込みフォームで、(株)システムパブリカへ申込む(氏名、年齢、郵便番号、
         住所、電話番号、メールアドレス、現職・資格、テキストの有無を明記)。
         追って仮参加証と振替用紙を送付しますので、受信後、振替用紙で参加費を送金して下さい。入金
         確認後、正規の参加証および、ご希望の方にはテキストをお送りいたします。
         
      
日程表

  10月7日(土)                          10月8日(日)
  9:30  PILとロゴセラピー                   9:00  事例を用いてスコアリング練習
       心理テストとしてのPIL
            
  12:30  昼食                           12:30  昼食    
  13:30  事例を用いてスコアリング練習           13:30  PILの適用例
                                          活用場面とグループワークへの適用例
  
  16;30  Q&A                           16:30  Q&A
  17:00  終了                           17:00  終了


申し込みフォーム


氏名
現職・資格
年齢  
郵便番号
住所
電話番号
E-Mail

 

 テキスト『PILテストハンドブック』の有無、その他、ご質問等をご記入下さい。
よろしければ送信して下さい。  

個人情報保護法によるまでもなく、メンタルヘルスにかかわるものとして、個人のプライバシー保護には全社をあげて取り組んでおります。

totop   topilmain  totaismain  tofitomain